火災保険・地震保険(損害保険)シェア率比較

火災保険は、衣食住のうち、特に「衣」と「住」に関する保険です。建物のオーナー(所有者)が絶対に入っておくべき保険です。

火災や落雷、風水害などの事故、盗難、暴力行為の被害によって生じた建物や家財の損害を補償する保険です。

補償の対象は、建物・門・塀・車庫・物置、そして、建物の中にある家具・家電・衣服などが該当します。

これは、あくまで火災保険の対象となりうるものなので、全てを補償対象に入れる場合とそうでない場合で保険料が変わります。

補償範囲は、火災だけに止まらず、さまざまなものが含まれますが、これまでカバーしきれていなかった地震保険をセットにした保険商品も増えています。

多くの保険会社が火災保険(損害保険)商品を用意し、さらに地震保険のセット加入(※)により、まさに多種多様なラインナップになっています。

丁寧に探せば、必ず自分に合った火災保険が見つかるはずですが、種類が多いので、はじめての方は正直どれが良いのか判断がつかないと思います。

 

※ 地震保険とは?

地震保険は、「地震保険に関する法律(以下、地震保険法)」により、火災保険とセットで加入することが定められている保険で、火災保険ではカバーできない地震や噴火、津波などによる損害を補償します。

「地震保険は何が良いですか?」と質問したくなるところですが、地震保険は国が運営していて1つしかありません。ただし、地震保険は、火災保険のオプションで契約する事になるので、どんな火災保険に入っているかで変わります。

よって、地震対策におていも、火災保険が重要となってきます。

 

火災保険・地震保険を取り扱っているのは、損害保険会社

代表的な会社と火災保険(シェア率の高い会社)

  • 東京海上日動火災保険(トータルアシスト住まいの保険)親会社:東京海上ホールディングス
  • あいおいニッセイ同和損害保険(マイホームぴたっと(住居建物総合保険))親会社:MS&ADホールディングス
  • 損害保険ジャパン日本興亜(THE すまいの保険「個人用火災総合保険」)親会社:SOMPOホールディングス
  • 三井住友海上火災保険(すまいの保険(家庭用火災保険))親会社:MS&ADホールディングス
  • 日新火災海上保険(「住自在」すまいの保険)親会社:東京海上ホールディングス
  • セコム損害保険
  • IG損害保険株式会社

 

火災保険を比較サイトで一括見積もりできる

対象の保険会社と保険商品の一例

火災保険会社 保険商品
AIG損保 ホームプロテクト総合保険
チャブ保険 住宅総合保険
SBI少額短期保険 SBI損保の火災保険
SBI損保 SBI損保の火災保険
あいおいニッセイ同和損保 マイホームぴたっと
セコム損害保険株式会社 セコム安心マイホーム保険
セゾン自動車火災 じぶんでえらべる火災保険
ニューインディア保険会社 住宅総合保険
楽天損保 ホームアシスト
共栄火災 安心あっとホーム
三井住友海上 GK すまいの保険
損保ジャパン日本興亜 THE すまいの保険
東京海上日動 トータルアシスト住まいの保険
日新火災 住自在

 

火災保険一括見積もり比較サイトおすすめ4社

条件を入力し、複数の視点で最適な保険をピックアップしてくれます。

利用者は、各保険のメリット・デメリットや適正などを確認した上で、一番条件の良い火災保険を選べます。多くの場合は、1社1社パンフレットを取り寄せて、自分で比較検討する必要がありました、比較サイトを活用すると、かなり手軽に自分にあった保険商品を探す事ができます。

比較サイトの最低条件としては、先ほど上げた火災保険シェア率上位の会社が含まれ、なおかつ10社以上から一括比較してくれるサイトです。

当サイト調べでは、以下の4サイトがこの最低条件をクリアしています。火災保険の一括見積もりを検討している方は使ってみて下さい。

火災保険の窓口

比較件数 最大19商品の見積もりから比較可能
大手火災保険会社 全て掲載
特徴

 

 

保険スクエアbang!

比較件数 最大26商品から比較
大手火災保険会社 全て掲載
特徴 「より安い保険を選びたい」という火災保険見直しに強い

 

 

保険の窓口インズウェブ!

比較件数 最大16社から比較
大手火災保険会社 全て掲載
特徴

 

 
 

住宅本舗

比較件数 最大16社40商品から比較
大手火災保険会社 全て掲載
特徴 大手損害保険3グループの火災保険料引き上げに対する最適プランを提案

 

 

火災保険 シェア率比較まとめ

まずは、見積もりサイトで自分にあった保険商品を絞り込む事からはじめて下さい。

また、「できるだけ安い保険を選びたい」「予算の範囲内で収まる保険を探している」という人にもぜひおすすめです。

見積もりサイトでピックアップした保険内容をさらに詳しく知りたい人は、その商品についてを詳しく調べれば良いので、ゼロから1つ1つ保険を調べる必要はありません。

比較サイトと公式サイトの情報を上手に使って、自分に最適な火災保険を選んで下さい。

 

火災保険の申請 火事以外でも保険金が下りる!

約9割の火災保険は、火事以外の雪、雨、風、雷の被害にも適用できます。上記でピックアップした保険ももちろん当てはまります。(保険の内容によって、カバー範囲が異なりますが、、、。)

「保険」と聞くと、相当な被害がないと受給できないと思っている人が多いのですがが、保険金が下りるのに被害の大小は関係ありません。

問題は、何が被害の原因か?です。火災保険の対象になる火事、雪、雨、風、雷などが原因であれば、被害の大小に関係なく、保険料が下りるというわけです。

被害の原因が補償範囲内の風雨や雪雷によるものと保険会社に判断されれば良いわけです。

被害が出た場所の現状復旧費は、もらうべき費用なので、所有不動産や、住まいにトラブルが起きた時は、かならず火災保険でカバーできるものでないかの確認をすべきです。

一見被害が何もないように見える家でも、保険金が支払われたりすることもあり、築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均100万円の保険金が下りたというデータもあります。

また、ちょっとしたもので保険金が適応されると次年度から、保険料が高くなると思う人も多いですが、火災保険はそうではありません。

火災保険は自動車保険などと違い「等級制度」ではないので、保険金が下りても、次年度以降の支払う保険料は一切上がりません。

ちなみにですが、一度もらった保険金の使用用途には、保険会社と契約者の間に法的な制約がないため、あらゆる自由な支出に使っても問題ありません。もし、貰えるものであれば、ぜひ貰っておいた方が良いという事です。

お家の保険相談センター

株式会社Fremoが運営する火災保険加入者向けのサービスです。

台風や大雨、雪などの被害でも火災保険金が下りる事を知らない人や、面倒くさがって保険金を下ろそうとしない人向けにサービスを行なっています。

その実績データの一つとして、「一見被害のないように見える家を含め、築5年以上の一戸建てで平均100万円の保険金が下りた。」という実績です。

多くの物件所有者が、本当は下ろせる保険金(火災保険)を請求していません。

保険金の額は、地域によってばらつきがあるので、上記の金額はあくまでも参考値ですが、大損をしている可能性は非常に大きいです。

現在、火災保険の加入物件は全体の約8、9割ほどと言われておりますが、火災保険金は火災が起きた場合にしか下りないと思っている方が非常に多いので、実際に使用した事がある人はかなり少ないです。

しかし請求できることを知っていたとしても、保険請求を実際に個人で申請するのが、困難でとても厄介な理由がいくつもあります。

<火災保険を個人で申請するのが厄介な理由>

  1. 被災箇所を探す為に、ハシゴなどを使って屋根に登って調査しなければならない
  2. 傷が被災によるものか経年劣化によるものかの判別が必要
  3. 被災箇所を適切な角度で写真撮影する必要がある
  4. 申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある
  5. 被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定しなければならない
  6. 被害に見合った適切な額の見積書を作成しなければならない
  7. 保険会社・鑑定人とのやり取りを正確に行わなければならない

火災保険を個人で申請しても、記述している内容に曖昧・適切でない箇所があったりすると、申請が却下されてしまったり、本来支払われるべき保険金が減額されてしまったりする事があります。

特に、これまで申請した事がないという人については、プロのサポートが必要となります。

お家の保険相談センターは、無料での実地調査から見積書の作成、保険会社とのやり取りのアドバイスなど、お客様が正当にもらう事のできる保険金をきちんと受け取るお手伝いをしてくれるので、ぜひ有効活用してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの記事